やっぱりひなたがいい

金沢 不妊治療を経て出産 誰かに届けたいことば

採卵1回目とその結果

先日たまごクリニックにて、1回目の採卵を終えました。クロミッドと4回の注射のみなので低刺激だと思います。

 

生理1日目 電話で初診予約

3日目 初受診、診察、注射、クロミッド服用開始

5日目 注射

7日目 注射

9日目 診察、採卵日決定、注射

13日目 4個採卵、顕微受精

その後3つ受精し、初期胚(グレードは1.2.4)まで育ったところで凍結しました。

知らなかったのですが、1人目の時は初期胚グレード2で妊娠したらしいです。

 

注射だけなら20分程度で終わるので通院は負担では無かったのですが、やはり仕事をしていると厳しそうですね。

 

まだ請求書届いてないので見てから最終的に決めますが、育休中にもう一度だけ採卵しようかなと思っています。

採卵前夜

ストレスなのか治療のせいなのか体重が3kg増えてしまった。流石に体が重い。

 

夫は今の状態で2人目は無理と言っている。理由は要するに現状で私が機能できていないし、家事育児の負担を強いられれば自分にもストレスがかかるし、耐えられないと。既に子ども1人で余裕無しのいっぱいいっぱいじゃないかと。

 

だけど私が後で子どもを望んだ場合に後悔したく無いだろうから、今週期の採卵は認めるという。だから凍結必至。即移植は禁止。

 

採卵を認めてくれてありがとう?なんだか全く腑に落ちない。通院して採卵の為に一時預かりを調整して、注射を打ち薬も飲んで、頑張ってるのは私です。

 

そもそも、子育てって2人でやるものじゃないの?彼はいつだって自分第一なのだ。彼は元々強く子どもを望んでいたわけでは全く無いし、私に家事を任せたく、その生活が崩れるとしたら子どもは要らない。

 

最近思う。人にはそれぞれ想いがあるから、絶対的に何が正しいなんて無い。

 

ただ、もう少し優しい言葉を掛けてもらえればなあ。そう思うのが既に贅沢なのかもしれないけれど。

不妊治療再開、ストレスMAX

今周期から不妊治療を再開しました。といっても今は採卵に向けての活動、うまく採卵できれば凍結する予定。

 

自然妊娠できる人が羨ましい。チャレンジできることが羨ましい。夫原因だけど夫は特に2人目を望んでいるわけではない。反対もしないけど。私自身が子供を望む為に、私が日々通院、治療に励む。

 

それでも、1人授かっているので精神的な余裕は人知れない。ダメならダメで、神様がその方が良いと判断したのだと、今なら素直に思えそう。子どもはかわいいけれど、育てることに、特にうちは旦那のサポートがほとんど得られないから、私のメンタルでやり切れるのか、何かと不安要素も多いので。

 

保育園に入れて、職場復帰して、家事もやって、自分のやりたいこともやらないと私はきっとバランスを崩すだろう。うまくやっている風に思われたいと潜在的に思っているけど、それってなんなんだろう?長女特有の周りに迷惑掛けたくないってやつかな。別にきれいに生きなくて良いのにね。

保育園、復職、2人目

最近調子を崩してて、食べてばっかり、鬱々としていて、吐き出してみる。

 

保育園、無理をしてでも4月に入れるべきだったのかなあ、人気のある保育園は1歳児は厳しそうだし、そうでないところはそれなりの理由があるので、息子に申し訳ない気がしてきた。誰もが入りたい園に入りたいタイミングで入れれば、ありがたいのだが。誰か、大抵は母親か、がどこかで無理しないといけない。

 

復職、戻れる場所はある。だけと、両立できるのだろうか。仕事を辞める人、時短にする人、当事者になるまでは理解できなかったけど、今ならそういう決断をする気持ちも本当によくわかる。お金は必要だけど、着飾っても周囲から浮くだけ。悲しい。

 

自分へのご褒美的に某ブランドバッグを買ってみたけど、思ったほど使い勝手も良くなく、知り合いに見られたらと思うと使いづらくなり、すぐに手放してしまった。安く買いたたかれてしまうけれど、フリマアプリにはお世話になっている。その度にもっとよく考えて買い物しようと思う。

 

2人目の採卵のタイミングを考えていた矢先、同級生が第2子を自然妊娠。素直に喜べない心の狭い自分がいて、さらに自己嫌悪。

 

心に余裕が足りない。

 

1歳を迎えました

あなたの未来が光輝くものでありますように。良いことばかりではないだろうけど、どうか強く穏やかでいて欲しい。いつも1番の味方でいたい。どんな時も支えられる存在でありたい。

 

幸せをありがとう。家族が増えることの喜びをひしひしと感じています。この1年思い通りにいかず正直発狂しそうなこともあったけれど、無事1歳を迎えることができて、母は幸せです。

 

成長は喜びと同時に少し寂しい。

共に過ごす日々は永遠ではないから、美しい。